人気の職種

長く働ける職場として人気の医療事務は、希望する人がたくさんいます。未経験でもできる所も人気の1つです。そんな医療事務ですが、どんな仕事内容なのでしょうか?気になる疑問を集めてみました!

医療事務に関する気になる疑問集

医療事務の出勤後の流れを知りたいです。

診療所の場合は、まずは開院する前に院内の清掃をしたり、午前中行う診療予約の状況をチェックします。一通り終わると玄関を開け患者を迎え入れます。

窓口業務以外にも他にやっている事はありますか?

釣銭や精算機の現金に不足は無いか確認しておくと、忙しい時に対応に追われず患者を待たせる負担を減らす事ができます。また、患者の忘れ物や落とし物の管理も行っています。

医療事務をしたいのですが、自分に向いているのか不安です…

医療事務は接客能力も大切です。診察に来た患者と関わる事が多いので、慣れていなくても元気よく挨拶をしたり来る人の名前を覚える努力をしていると患者と友好的な関係を築く事ができます。業務は分からない事は質問して忘れないようメモなどを取っておくようにすると仕事を早く覚えられますよ。

知っておきたい医療事務で役立つ資格と長崎の病院での求人を探し

女性

医療事務の主な仕事内容

一般的な業務内容は、窓口業務が多いです。主に診察申込書を記入してもらったり、診察日の予約を確認したり、カルテの管理や整理、会計業務や処方箋についての簡単な説明などがあります。その他にもレセプト作成業務といって診察報酬明細書の作成も行っています。

事務員

医療事務に資格は必要?

医療事務は基本的に資格を必要としませんが、取得しておくと就職や転職の際に有利になります。医療事務の資格には、医療事務における基本的な業務の技術を審査する医療事務検定試験、レセプトの知識を審査するレセプト点検業務検定試験、就職活動でポイントが高い医事コンピュータ能力技能検定試験、医療事務業務の受付対応やマナーや知識を審査するメディカルマナー検定試験などがあります。

働く場所を決めておこう

医療事務が活躍する場所は、病院以外にも診療所でも働く事が可能です。長崎の病院と診療所で給料や休日の規定が異なります。また、業務内容も少し変わるので、しっかりと決めたうえで応募しましょう。病院は診療所よりは給料の幅が少なく安い場合もあるものの、比較的休みが取りやすいメリットがあります。また、作業が細かく分けられているので、一人で負担する仕事量が少ないです。ですが、一つの業務をずっとこなすので、他の技術を磨く事が難しくなります。診療所のメリットは、病院よりも給料の幅が広く待遇が良いところでは良い給与を得ることができ、休日が病院と比べると多いです。また、病院ほど患者が多くないので、時間に追われる心配もありません。医療事務の色んな業務を経験できるので、スキルアップに繋がります。ですが、その分医療事務以外の仕事をしなくてはいけなかったり、急に休みがほしい時取りづらいデメリットがあります。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職を考えている人は、求人サイトを利用して次の職場を探す人は多いと思います。求人サイト以外にも転職エージェントで探す方法もあります。どちらも新しく勤務先を選ぶ場合に良いですが、手軽に仕事を探したい人は転職サイトがおすすめです。また、いつでも探せるので時間を気にせずじっくり自分に合った職場を探す事ができます。ですが、転職に必要な求人探しや面接の日程決め、履歴書作りも自分で行わなければいけないので、根気が必要になってきます。転職エージェントはキャリアアドバイザーがカウンセリングを通して希望する自分に合った職場を探してくれます。また、面接や履歴書の書き方のサポートも無料で受けられます。ただ、転職エージェントは自分に合った仕事を探してくれますが、医療事務からまったく違う職種に転職したくても違う職種を紹介してくれないことがあります。また、大手の転職エージェントによっては登録する時に高いスキルを有していないと支援を受けられない所も。他にもどんな担当者に当たるか分からなので、経験が浅かったり希望する職種の知識が浅いといった事もあります。