HOME>info>正社員とパートどう違う?子供を持つ介護福祉士が働きやすい職場環境

パートで働く介護福祉士もいる

介護職に多い介護福祉士ですが、多くの場合は正社員の所が多いです。ですが、パートで働いている人もいるでしょう。パートと正社員で働く場合、どう変わるのでしょうか?比べてみました。

介護福祉士で働く場合パートと正社員ではどう変わるのか

パートで働く場合

パートで働く場合、勤務時間の自由が利くので育児に専念しやすいです。家庭と仕事の両立もしやくなるでしょう。ですが、その分月に貰える給料が少なくなるため、安定性を求める方にはあまり向いていないでしょう。

正社員で働く場合

働く時間が決められており月に出勤する勤務日数も決まっています。休みが取りづらいデメリットがありますが、その分給料が高く賞与なども勤め先によってはもらえるので、仕事の頑張りを評価してくれます。

正社員とパートどう違う?子供を持つ介護福祉士が働きやすい職場環境

女性

主婦が働きやすい職場

小さい子供がいる家庭は、仕事をする時何かと制限されてしまいます。しかし、最近では小さな子供がいても働きやすいように託児所を設置している施設もあります。また、子供の行事を考慮してシフトを調整してくれる所も増えてきているので前よりも主婦の人が介護福祉士として復帰しやすい職場環境作りをしている所が多くなってきています。出産を機に仕事を辞めていた人は、次の職場選びの際に子供がいても伸び伸びと仕事ができる職場を探すと良いですよ。

手

施設見学で見ておくべきポイント

転職活動をしていると、たくさんの求人案内を目にするでしょう。介護職の場合、職員同士で力を合わせて仕事をする場面が多いです。なので、職場の人間関係は重要です。職員同士で派閥ができていたり、仲が良くないと仕事がしづらいといった面があるので、施設見学をする際は職員同士でしっかりコミュニケーションが取れているかを見ておきましょう。他にも、希望する職場が住んでいる家から通いやすいかも大切です。

面接

自分に合った事業所を選ぶコツ

次の就職先は、今勤めている職場よりも良い環境の場所で働きたいと考える人は多いです。ですが求人情報だけでは、自分に合った事業所なのか分かりません。気になる事業所を見つけたら、まず事業所が掲げている方針を見てみましょう。理念や方針が明確な事業所は勤めているスタッフに何を求めているのかが分かりやすいです。理念や方針に自分が共感して勤めてみたいと思える事業所を見つけると、次の就職先をすぐに決める事ができます。